解釈改憲で9条こわすな!デモ。

平和憲法でいこう!ごはんと平和と自由と愛を!                                       2012年総選挙で、改憲を正面からかかげた安倍政権が誕生しました。戦争する国にしてはならないとの思いで、憲法9条守ろう、国防軍反対デモを立ち上げることにしました。

5.13の「毎日」の「風知草」憲法96条「改正」問題。

風知草:最近「96条」攻防録=山田孝男
毎日新聞 2013年05月13日 東京朝刊

 ニュートンいわく、力を加えれば、それと同じ強さの反作用が生ずる。

 安倍晋三首相(58)が憲法96条の先行改正へ深く斬り込んだ結果、反論が強く噴き出した。安倍人気に乗って一気に進むかと見えた96条改正の流れにブレーキがかかった。これが連休明けの憲法情勢である。

 96条とは何か。日本国憲法の改正手続きだ。衆参両院で、総議員の3分の2以上の賛成がなければ発議できない。さらに国民投票にかけ、過半数の賛成がなければ改正できない。

 こんなにガチガチでは永遠に改正できぬ、両院の過半数へ発議のハードルを下げよ−−。就任以来、首相は事あるごとにそう訴えてきた。それに対する「反作用」が噴出した一つの節目は4月9日だった。

 この日、毎日新聞東京版夕刊「特集ワイド」に憲法学者の小林節・慶大法学部教授(64)が登場、「私は9条改憲論者だが、改正ルール緩和(96条改正)は邪道。立憲主義否定は認められぬ」と批判した。

 この記事の反響は大きかった。例年、憲法問題でマスコミの取材に応じてきた小林だが、この記事を境にテレビ・新聞が殺到、「今年は異常な存在感になっちゃった」(小林)。

 たちまち反応した読者の一人に自民党の石破茂幹事長(56)がいた。東京・赤坂の議員宿舎で毎日新聞を購読している石破は4月9日午後11時ごろ、帰宅後の習慣で夕刊を広げ、この記事に目を奪われた。

 「小林教授に啓発されるところ誠に大」とブログに書き込む一方、国会図書館から96条関連の文献をあるだけ取り寄せた。大学(慶大法)時代に使った清宮四郎の憲法教科書を引っ張り出して読み直した。

 清宮四郎(1898〜1989)は戦後憲法学界の大御所で、憲法改正理論に関する著作が多い。

 その清宮の孫弟子にあたる石川健治・東大法学部教授(51)が5月3日の朝日新聞朝刊で96条改憲を批判した。いわく−−。

 「過半数ではなく、3分の2以上を議決の要件とする憲法の規定は改憲発議だけに限らない。国会議員の資格争い、除名、会議の非公開、再議決もそうだ。ただし、他は『出席議員の3分の2以上』であるのに対し、改憲発議だけは『総議員の3分の2以上』で最もハードルが高い」

 「他は放置したまま、最も重みのある改憲発議だけを過半数にしてしまえという提案はチグハグではないか。そもそも改正条項の改正は、憲法に拠(よ)って立つ立憲国家への反逆だが、その自覚があるか……」

これを読んだ96条改憲論者の橋下徹大阪市長がツイッターで「小難しい」「論理が破綻」と批判した。橋下は大阪府立北野高校で石川の後輩に当たる。確かに難しいが、論理は緻密で破綻もない。改憲論者には面白くないとしても。

 石川の寄稿は最近の朝日のオピニオン欄で最も反響のあった記事の一つだそうだ。狙いは「良心的な議会政治家に問いかける」ところにあり、「乾坤一擲(けんこんいってき)の勝負に出たつもり」だったと石川は私に語った。

 憲法論戦は例年よりは盛り上がり、またしぼみつつある。アベノミクスに合わせ、経済優先、一国平和主義の「戦後」に戻ればエエじゃないかと思い始めた世間の気分も背景にある。それでいいか、悪いか。

 要するに国の将来像が定まらない。私自身、護憲とも改憲とも決めかねている一人だが、中身の合意を棚上げして手続きだけ緩めれば、不毛の混乱を招くという確信はある。(敬称略)(毎週月曜日に掲載)


スポンサーサイト

橋下、石原、高市発言が連続していますが…。今こそ、国防軍反対デモ!

第6回国防軍反対!デモ。は、5月25日(土)午後5時45分新宿柏木公園集合、6時15分出発です。

柏木公園は、(新宿区西新宿7-14 JR新宿駅西口・東口徒歩5分)

プロフィール

国防軍反対!

Author:国防軍反対!
平和憲法、憲法9条を守ろうとデモをする有志の集まりです
「国防軍反対・改憲反対」の一致点であれば、他のイッシューも持ち込み可。非暴力。他人、他国を誹謗中傷することは禁止です。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。